>>結婚式 服装

結婚式 服装についてカテゴリの記事一覧

二次会での服装

結婚式の二次会は披露宴とも違いますしどのような服装にするか悩みます。
        
結婚式二次会(パーティー)に出席する時は、披露宴ほどフォーマルにする必要はありませんが、男性はブラックスーツや、ダークスーツ(濃紺など黒っぽい色調の紳士スーツ)で良いと思います。

ブラックスーツの場合、ワイシャツやポケット又チーフには白を添えましょう。ダークスーツの場合ネクタイはシルバーグレーや、白地の織柄、白黒のストライブ。
              
結婚式の二次会に招かれた男性の服装は、披露宴からそのままの服装で出席する人が大部分だと思います。ネクタイの色を変えるだけでもまたオシャレになりますね。
              
女性はワンピースやスーツが一般的のようです。もちろん二次会でも白は花嫁さんの色ですので白い服装や又花嫁さんよりも目立つような服装は控えてましょう。
              
ライトに映えるキラキラっと光るアクセサリーもつけてみましょう。着席の場合胸から上がキラキラっとしたアクセサリーだと素敵ですね。

シンプルすぎると、座った時に寂しい印象になってしまいます。コサージュをつけるのもお勧めです。招待客はその場を明るく華やかに盛り上げる役目があります。
               
光沢のある素材や、やさしい印象のシルキー素材のドレスや色はパステルカラーなどで装いましょう。『花嫁よりも控えめで清楚で上品な私』を心がけると良いと思います。
                
常識当たり前のマナーの一つご存知だと思いますが、念のため・・・・
               
二次会の招待状に「平服でいらして下さい」といった言葉が明記されていますが、ジーンズなど普段着の事ではありませんので恥ずかしい思いをしないように選びましょうね。
               
また二次会は、「結婚式の印象をよりアップしてさらに楽しい思い出のお時間」でもありますので
                
ご招待されたら出来る限り参加してあげて下さいね。二次会は新しい出会いの場でもありますよ。

男性と女性のスーツ 

結婚式にお呼ばれされて、服装は何を着て行こうかなぁって迷ってしまいますよね。             
 
結婚式は儀式なので参列される方は正装が基本マナーです。披露宴に来た友人を見て新郎新婦の人柄などを知ろうとするご親族は少なくありません。
           
一般的に男性はブラックスーツに白いネクタイ。ダークスーツ(濃紺など黒っぽい色調の紳士スーツ)にする場合はネクタイの色なども考えて仕事感のないようにしましょう。

カフスを着けてみるのもオシャレな感じですね。靴は革靴が常識です。ローファーではなく紐靴を選びましょう。汚れていないかチェックを忘れずに。

結婚式の服装で悩む人のうち、若い新郎新婦の場合には招待客の友人も、若い人が多いと思います。
               
若い人はこれまで結婚式に出席したことが無く今回が初体験であると、服装にとても迷われますよね。

あまり深く悩む必要はないと思います。若い人ほどスーツスタイルでも良いでしょう。ダークスーツ+白シャツ+華やかなネクタイやチーフなどでOKだと思います。

女性はドレスやフォーマルスーツやワンピースなどが一般的のようです。

パーティバッグは、ちょっとしたお化粧直しの道具や、ハンカチが入る程度の大きさのものを。大きなバッグやコートはクロークに預けておきましょう。
     
既婚者で年齢が若い人や未婚者の場合オシャレに決めるのも良いですが、少し落ち着いたものをお勧めします。
                
白は花嫁さんの色なので白い服や花嫁さんよりも目立つような服装は控えま
す。肩がとても出てしまう露出的な服装、極端なミニスカートも控えましょう。
                
もしも、肩が少々出てしまう場合には、レースのボレロなど羽織るものを用意していかれると良いと思います。             
               
友達が、きれいな色の着物を着て来てくれました。めったに普段見れない姿ですし、とっても嬉しかったですよ。女性らしく初々しさを感じました。是非着物も考えてみてくださいね。
           
特に女性の方は服装に合わせてヘアーアレンジするのも素敵ですね。