>>結婚式 服装

結婚式ゲストとご祝儀

結婚式での、ご祝儀に関してのマナーですが、結婚式へ出席する前に忘れちゃいけませんご祝儀のご用意ですね。

当日は出席する前に、服装はしっかりしてるか、ご祝儀をちゃんと持参してるかチェックして下さいね。

ご祝儀の金額ですが全体的な平均では3万円が相場のようです。夫婦揃って出席の場合は5万〜10万が相場のようです。
(地方によっては金額には差があります)

新郎新婦のお友人であれば、2万円で良いと思いますが、事前に結婚式へご招待されてる、友人同士で相談して統一金額にした方が良いと思います。

お札は必ず新札を入れます。お札の入れ方ですがお札の顔が下側にくるように入れます。ご祝儀袋はひっぱってもほどけない結び切り系のものを使いましょう。

ちょう結びのものはやめましょうね。ご祝儀袋のデザインは包む金額に合わせて選びます。

2万円くらいまでならシンプルなご祝儀袋でも良いのですが、金額が大きくなるにつれご祝儀袋も豪華なものにしましょう。

和紙を使ったカラフルなものは20代の女性が親しい友人に包む場合には向いていますが、親戚関係や30代以上の方にはふさわしくないので気をつけましょう。

ご祝儀袋の裏側の折り返しですが、下側が上になるようにするのがマナーです。意味としては上向の、おめでたい気持ちを表しているのです。逆になってないか確認を忘れずに。

祝儀袋は袱紗(ふくさ: 儀礼用の方形の絹布。)に包んで持参するのがマナーです。

そして式場で受付係りの人にご祝儀をお渡しする際には「本日はおめでとうございます」など、必ずお祝いのあいさつをきちんと添えてから渡しましょう。そして芳名帳に記帳をします。

丁寧に誰が読んでもわかりやすい字を心がけて書きましょう。又、受付係の人が親しいお友達であっても、礼儀正しくあいさつをしましょう。

もちろん大きな声で笑ったり長話したりはマナー違反ですよ。