>>結婚式 服装

結婚式の受付と招待客 

結婚式での受付係りをまかされた人は早めに会場へ到着するのがお勧め。芳名長・筆・招待客名簿・席次表など、受付に必要なものを確認しましょう。

ご祝儀を入れる専用袋の事などは新郎新婦に事前に聞いておくと良いですね。ご祝儀を手渡されたら、両手で受け取ります。必ず名前を確認しましょう。

祝福の言葉を受けたら「ありがとうございます。」など丁寧にはっきりと御礼を言います。

招待客に必ず芳名帳に、名前・住所を記入して頂きましょう。 好感をもたれるように、元気に明るく笑顔で対応しましょうね。受付係の印象が悪いと新郎新婦の見識が疑われてしまいます。

新郎新婦より受付係りをまかされたという事は信頼度が高いという意味もあると思いますよ。

受付係は新郎新婦の代わりになって、明るく笑顔で招待客に応対して言葉づかいなどは細心の注意を払いましょう。

注意点としては、ご祝儀を狙った盗難事件もありますので、注意が必要です。

どんなことがあってもお金のそばを離れてはいけません。トイレやまた急な呼び出しがあっても必ず少なくても2名は誰かが受付に残るよう必ずしましょう。

出席者が全員そろったら、お祝い金と芳名帳を専用の袋に入れ、式場の金庫に保管してもらいます。
 
披露宴終了後、本人もしくは両親に渡します。お金を扱うのでトラブルにならないように、新郎側、新婦側双方との打ち合わせは必ずしときましょう。