>>結婚式 服装

結婚式の招待とマナー

結婚式の招待状が届いたら、招待状を送ってきた新郎や新婦が、自分と親しい仲であっても、電話やメール、会ったときに出席欠席を伝え、返信はがきを出さないというのはやめましょう。

親しい仲だからこそマナーや気遣いはとても大切です。出席の場合は少なくとも3日以内には、同封の返信はがきで返事を送りましょう。その際お祝いの言葉も添えてあげて下さいね。

欠席の場合、あまりにも早く欠席の返事を出すのは、かえって失礼です。

即答で欠席とかえってきたら、「招待されたくなかったかな」「嫌われてるのかな」と新郎新婦にいらない心配をさせてしまうこともあります。

新郎新婦は招待状を送った人全員にできれば来てもらえますようにと思ってます。ですから出席の返信をとても心待ちしてますので欠席の返信が早々に届く事は切ない思いをさせてしまいます。

少し時間をおいて3日ほど過ぎてから返信はがきを出すと良いと思います。

欠席理由を簡単に書き添えると丁寧さが伝わりますが、欠席の理由を細かく長々書くのはやめましょう。

ハガキで欠席を伝えるだけでは無く、はがきを出す前に必ずお電話をして、お祝いの言葉とそして欠席のお詫びをきちんと伝えるのも良いかと思います。
               
結婚式の招待状の返信はがきの書き方ですが、出席の場合は、「出席」の文字を丸で囲みましょう。

「御」は、二重線か斜線で消します。そして、「御欠席」を二重線か斜線で消します。「御住所」「御芳名」の「御」・「御芳」も消しましょう。

ご招待された(あなた)に対しての敬語の消し忘れのないように。お祝いのメッセージを添えてあげると喜ばれますよ。

欠席の場合も丸で囲みその他は出席のように敬語を消して下さいね。お友達から届いた出席のはがきで二重線や斜線ではなく「寿」の文字で消してくれてました。

おしゃれねって思いました・・それ以来私も「寿」使ってます。残念ながら欠席の場合には、結婚式当日祝電を打ちお祝いの気持ちを伝えるのも良いと思います。
   
祝電方法は披露宴の1〜2時間前は式場に届くようにしましょう。新婦宛ての場合には、旧姓で送って下さい。