>>結婚式 服装

男性と女性のスーツ 

結婚式にお呼ばれされて、服装は何を着て行こうかなぁって迷ってしまいますよね。             
 
結婚式は儀式なので参列される方は正装が基本マナーです。披露宴に来た友人を見て新郎新婦の人柄などを知ろうとするご親族は少なくありません。
           
一般的に男性はブラックスーツに白いネクタイ。ダークスーツ(濃紺など黒っぽい色調の紳士スーツ)にする場合はネクタイの色なども考えて仕事感のないようにしましょう。

カフスを着けてみるのもオシャレな感じですね。靴は革靴が常識です。ローファーではなく紐靴を選びましょう。汚れていないかチェックを忘れずに。

結婚式の服装で悩む人のうち、若い新郎新婦の場合には招待客の友人も、若い人が多いと思います。
               
若い人はこれまで結婚式に出席したことが無く今回が初体験であると、服装にとても迷われますよね。

あまり深く悩む必要はないと思います。若い人ほどスーツスタイルでも良いでしょう。ダークスーツ+白シャツ+華やかなネクタイやチーフなどでOKだと思います。

女性はドレスやフォーマルスーツやワンピースなどが一般的のようです。

パーティバッグは、ちょっとしたお化粧直しの道具や、ハンカチが入る程度の大きさのものを。大きなバッグやコートはクロークに預けておきましょう。
     
既婚者で年齢が若い人や未婚者の場合オシャレに決めるのも良いですが、少し落ち着いたものをお勧めします。
                
白は花嫁さんの色なので白い服や花嫁さんよりも目立つような服装は控えま
す。肩がとても出てしまう露出的な服装、極端なミニスカートも控えましょう。
                
もしも、肩が少々出てしまう場合には、レースのボレロなど羽織るものを用意していかれると良いと思います。             
               
友達が、きれいな色の着物を着て来てくれました。めったに普段見れない姿ですし、とっても嬉しかったですよ。女性らしく初々しさを感じました。是非着物も考えてみてくださいね。
           
特に女性の方は服装に合わせてヘアーアレンジするのも素敵ですね。