>>結婚式 服装

結婚式ゲストとご祝儀

結婚式での、ご祝儀に関してのマナーですが、結婚式へ出席する前に忘れちゃいけませんご祝儀のご用意ですね。

当日は出席する前に、服装はしっかりしてるか、ご祝儀をちゃんと持参してるかチェックして下さいね。

ご祝儀の金額ですが全体的な平均では3万円が相場のようです。夫婦揃って出席の場合は5万〜10万が相場のようです。
(地方によっては金額には差があります)

新郎新婦のお友人であれば、2万円で良いと思いますが、事前に結婚式へご招待されてる、友人同士で相談して統一金額にした方が良いと思います。

お札は必ず新札を入れます。お札の入れ方ですがお札の顔が下側にくるように入れます。ご祝儀袋はひっぱってもほどけない結び切り系のものを使いましょう。

ちょう結びのものはやめましょうね。ご祝儀袋のデザインは包む金額に合わせて選びます。

2万円くらいまでならシンプルなご祝儀袋でも良いのですが、金額が大きくなるにつれご祝儀袋も豪華なものにしましょう。

和紙を使ったカラフルなものは20代の女性が親しい友人に包む場合には向いていますが、親戚関係や30代以上の方にはふさわしくないので気をつけましょう。

ご祝儀袋の裏側の折り返しですが、下側が上になるようにするのがマナーです。意味としては上向の、おめでたい気持ちを表しているのです。逆になってないか確認を忘れずに。

祝儀袋は袱紗(ふくさ: 儀礼用の方形の絹布。)に包んで持参するのがマナーです。

そして式場で受付係りの人にご祝儀をお渡しする際には「本日はおめでとうございます」など、必ずお祝いのあいさつをきちんと添えてから渡しましょう。そして芳名帳に記帳をします。

丁寧に誰が読んでもわかりやすい字を心がけて書きましょう。又、受付係の人が親しいお友達であっても、礼儀正しくあいさつをしましょう。

もちろん大きな声で笑ったり長話したりはマナー違反ですよ。       

結婚式の受付と招待客 

結婚式での受付係りをまかされた人は早めに会場へ到着するのがお勧め。芳名長・筆・招待客名簿・席次表など、受付に必要なものを確認しましょう。

ご祝儀を入れる専用袋の事などは新郎新婦に事前に聞いておくと良いですね。ご祝儀を手渡されたら、両手で受け取ります。必ず名前を確認しましょう。

祝福の言葉を受けたら「ありがとうございます。」など丁寧にはっきりと御礼を言います。

招待客に必ず芳名帳に、名前・住所を記入して頂きましょう。 好感をもたれるように、元気に明るく笑顔で対応しましょうね。受付係の印象が悪いと新郎新婦の見識が疑われてしまいます。

新郎新婦より受付係りをまかされたという事は信頼度が高いという意味もあると思いますよ。

受付係は新郎新婦の代わりになって、明るく笑顔で招待客に応対して言葉づかいなどは細心の注意を払いましょう。

注意点としては、ご祝儀を狙った盗難事件もありますので、注意が必要です。

どんなことがあってもお金のそばを離れてはいけません。トイレやまた急な呼び出しがあっても必ず少なくても2名は誰かが受付に残るよう必ずしましょう。

出席者が全員そろったら、お祝い金と芳名帳を専用の袋に入れ、式場の金庫に保管してもらいます。
 
披露宴終了後、本人もしくは両親に渡します。お金を扱うのでトラブルにならないように、新郎側、新婦側双方との打ち合わせは必ずしときましょう。

結婚式の招待とマナー

結婚式の招待状が届いたら、招待状を送ってきた新郎や新婦が、自分と親しい仲であっても、電話やメール、会ったときに出席欠席を伝え、返信はがきを出さないというのはやめましょう。

親しい仲だからこそマナーや気遣いはとても大切です。出席の場合は少なくとも3日以内には、同封の返信はがきで返事を送りましょう。その際お祝いの言葉も添えてあげて下さいね。

欠席の場合、あまりにも早く欠席の返事を出すのは、かえって失礼です。

即答で欠席とかえってきたら、「招待されたくなかったかな」「嫌われてるのかな」と新郎新婦にいらない心配をさせてしまうこともあります。

新郎新婦は招待状を送った人全員にできれば来てもらえますようにと思ってます。ですから出席の返信をとても心待ちしてますので欠席の返信が早々に届く事は切ない思いをさせてしまいます。

少し時間をおいて3日ほど過ぎてから返信はがきを出すと良いと思います。

欠席理由を簡単に書き添えると丁寧さが伝わりますが、欠席の理由を細かく長々書くのはやめましょう。

ハガキで欠席を伝えるだけでは無く、はがきを出す前に必ずお電話をして、お祝いの言葉とそして欠席のお詫びをきちんと伝えるのも良いかと思います。
               
結婚式の招待状の返信はがきの書き方ですが、出席の場合は、「出席」の文字を丸で囲みましょう。

「御」は、二重線か斜線で消します。そして、「御欠席」を二重線か斜線で消します。「御住所」「御芳名」の「御」・「御芳」も消しましょう。

ご招待された(あなた)に対しての敬語の消し忘れのないように。お祝いのメッセージを添えてあげると喜ばれますよ。

欠席の場合も丸で囲みその他は出席のように敬語を消して下さいね。お友達から届いた出席のはがきで二重線や斜線ではなく「寿」の文字で消してくれてました。

おしゃれねって思いました・・それ以来私も「寿」使ってます。残念ながら欠席の場合には、結婚式当日祝電を打ちお祝いの気持ちを伝えるのも良いと思います。
   
祝電方法は披露宴の1〜2時間前は式場に届くようにしましょう。新婦宛ての場合には、旧姓で送って下さい。

二次会での服装

結婚式の二次会は披露宴とも違いますしどのような服装にするか悩みます。
        
結婚式二次会(パーティー)に出席する時は、披露宴ほどフォーマルにする必要はありませんが、男性はブラックスーツや、ダークスーツ(濃紺など黒っぽい色調の紳士スーツ)で良いと思います。

ブラックスーツの場合、ワイシャツやポケット又チーフには白を添えましょう。ダークスーツの場合ネクタイはシルバーグレーや、白地の織柄、白黒のストライブ。
              
結婚式の二次会に招かれた男性の服装は、披露宴からそのままの服装で出席する人が大部分だと思います。ネクタイの色を変えるだけでもまたオシャレになりますね。
              
女性はワンピースやスーツが一般的のようです。もちろん二次会でも白は花嫁さんの色ですので白い服装や又花嫁さんよりも目立つような服装は控えてましょう。
              
ライトに映えるキラキラっと光るアクセサリーもつけてみましょう。着席の場合胸から上がキラキラっとしたアクセサリーだと素敵ですね。

シンプルすぎると、座った時に寂しい印象になってしまいます。コサージュをつけるのもお勧めです。招待客はその場を明るく華やかに盛り上げる役目があります。
               
光沢のある素材や、やさしい印象のシルキー素材のドレスや色はパステルカラーなどで装いましょう。『花嫁よりも控えめで清楚で上品な私』を心がけると良いと思います。
                
常識当たり前のマナーの一つご存知だと思いますが、念のため・・・・
               
二次会の招待状に「平服でいらして下さい」といった言葉が明記されていますが、ジーンズなど普段着の事ではありませんので恥ずかしい思いをしないように選びましょうね。
               
また二次会は、「結婚式の印象をよりアップしてさらに楽しい思い出のお時間」でもありますので
                
ご招待されたら出来る限り参加してあげて下さいね。二次会は新しい出会いの場でもありますよ。

男性と女性のスーツ 

結婚式にお呼ばれされて、服装は何を着て行こうかなぁって迷ってしまいますよね。             
 
結婚式は儀式なので参列される方は正装が基本マナーです。披露宴に来た友人を見て新郎新婦の人柄などを知ろうとするご親族は少なくありません。
           
一般的に男性はブラックスーツに白いネクタイ。ダークスーツ(濃紺など黒っぽい色調の紳士スーツ)にする場合はネクタイの色なども考えて仕事感のないようにしましょう。

カフスを着けてみるのもオシャレな感じですね。靴は革靴が常識です。ローファーではなく紐靴を選びましょう。汚れていないかチェックを忘れずに。

結婚式の服装で悩む人のうち、若い新郎新婦の場合には招待客の友人も、若い人が多いと思います。
               
若い人はこれまで結婚式に出席したことが無く今回が初体験であると、服装にとても迷われますよね。

あまり深く悩む必要はないと思います。若い人ほどスーツスタイルでも良いでしょう。ダークスーツ+白シャツ+華やかなネクタイやチーフなどでOKだと思います。

女性はドレスやフォーマルスーツやワンピースなどが一般的のようです。

パーティバッグは、ちょっとしたお化粧直しの道具や、ハンカチが入る程度の大きさのものを。大きなバッグやコートはクロークに預けておきましょう。
     
既婚者で年齢が若い人や未婚者の場合オシャレに決めるのも良いですが、少し落ち着いたものをお勧めします。
                
白は花嫁さんの色なので白い服や花嫁さんよりも目立つような服装は控えま
す。肩がとても出てしまう露出的な服装、極端なミニスカートも控えましょう。
                
もしも、肩が少々出てしまう場合には、レースのボレロなど羽織るものを用意していかれると良いと思います。             
               
友達が、きれいな色の着物を着て来てくれました。めったに普段見れない姿ですし、とっても嬉しかったですよ。女性らしく初々しさを感じました。是非着物も考えてみてくださいね。
           
特に女性の方は服装に合わせてヘアーアレンジするのも素敵ですね。